根室に代表される花咲ガニ

根室に代表される花咲ガニというカニは北海道の東側で多く棲息しており国内でも売れ筋の蟹です。深いコクと味わいが特徴の水揚・浜茹での口に入れるとしっかり弾力を感じる身は素晴らしいの一言です。
花咲ガニ、これは比べるものがないほど生殖しているカニの数が少ない故に、漁猟のできる期間は短い夏の期間(7月~9月頃)に限られておりそれにより、一番美味しい時期も、9月から10月にかけてととても短期です。
食べてみると誠に食感の良いワタリガニの最高の季節は、水温がダウンしてしまう12月~5月までだと聞いています。この時のメスは取り分けて、味わいが深いので、お届け物としてしばしば宅配されています。
できる限り誰でも知っているような高級志向のカニが欲しいと決めている方や、大好きなカニを思い切り食べて満足したい。そんな方にとっては、通信販売のお取り寄せが絶対いいです。
最高級のタラバガニと比較できる食べ応え、そしてタラバガニとは違うねっとり濃厚な味がいい、と言う方には抜群でうならせるのが、根室市が原産の希少な花咲ガニです。
どちらかといえば殻は軟弱で、処分しやすい点も喜ばれるところです。上品なワタリガニを発見した時は、絶対に茹で蟹として食してみると良いと思います。
ワタリガニは、多彩なメニューとして賞味することが期待できると言えます。焼き飯に利用したり、食べやすいから揚げとか絶品のチゲ鍋などもおすすめだ。
雌のワタリガニというのは、冬~春の期間に生殖腺がよく働くことで、腹部にたまごを抱えることになります。豪華なたまごも頂けるはっきりしている味のメスは、驚く程旨いです。
甘みのあるタラバガニを見分ける方法は、外殻がとても強いタイプや重々しい感じのタイプが、身が多く隙間なく埋まっていると伝えられています。目にすることがあった時には、調べると把握出来ると思います。
たまに「がざみ」と呼んでいる大きなワタリガニは泳ぎが器用で、状況次第で持ち場を移動します。水温が低下すると甲羅が強力になり、身がプリプリの11月から5月頃までが真っ盛りだということです。
旨みのあるタラバガニを楽しみたいと思う場合は、どこで買うかが肝要になります。カニの茹で方は手を焼くので、かに専門店の職人さんが、煮立てたカニを楽しみたいと思う事でしょう。
生きたままのワタリガニを手に入れたなら、負傷しないように用心してください。頑丈な上に棘がチクチクするので、手袋などを揃えておいた方が正解だと思いますよ。
息のあるワタリガニを湯がく時に、一気に熱湯に放り込んでしまうと、自ら脚を切り取りバラバラにしてしまう為、水の状態よりボイルを行うか、互いの脚を繋いでから煮る方が良いでしょう。
冬と言ったらカニが味わいたくなる期間ですが、山陰地方で獲れる松葉ガニと同様に人気なのが、瀬戸内海沿岸の上質なワタリガニです。正しい名称はガザミとされ、この頃では瀬戸内で著名なカニと伝えられています。
おいしいかにめしの本家として名高い北の大地、長万部産のものこそが、北海道の毛ガニの中でもナンバーワンということです。ぜひ、北海道のカニの通販おすすめランキングで新鮮な味を味わい尽くしてください。